スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    ☆アトピー

    ★自分に優しく comments(0) trackbacks(0) ありりん
    JUGEMテーマ:日記・一般
     

    アトピーで悩まれてる方、多いですよね。
    私のところに来てくださる方でも、ご自分がアトピーだったり、お子さんがアトピーだという方が多くいらっしゃいます。

    私もアトピーでした。
    私の場合は1年中症状が出ている訳ではなく、冬の乾燥している時期に毎年出ていました。
    子供の頃から20歳くらいまで、毎年出てたと思います。

    一番ひどかったのが、専門学校時代、20歳の時。
    その時は腕・肘の反対側、関節の内側っていったらいいのかしら、そこが痒くて痒くて。
    基本寝ている間に掻き毟るので、傷になってエライ状態になってたなぁ。
    皆に病院に行きなよ、と言われ検査したら「カビ菌が入っていますね」と言われ、「ヒョー!」と驚いたのを覚えています。「カビ菌が入るって、どういう事やねん」と(笑)

    アトピーは心の状態から見ると、自分の想いを表に上手く表現できない状態と考えられます。
    自分の想いが自分の中に溜まりっぱなしで、その溜まった感情を表に出す手段として、皮膚から出そうとアトピーの症状として出る場合が多いのです。(食べ物など他の原因もあると思いますよ)

    私は自分がアトピーだったので、この心との関係が理解できるのです。
    なぜなら、私は性格が悪くなってから(この表現あってるのか!/笑)、アトピーが出なくなったの。
    専門学校を卒業しダンサーとして仕事を始めたのですが、ダンサーになった時から、私の表現で言いますと私は性格が悪くなったのです!(笑)
    いわゆるデビューというやつですか。

    私は小さい頃から「いい子でいなさい」と育てられ、田舎だったからかも知れませんが成績も良く、学級委員なんかもやり、たぶん一般的に言う「いい子」だったんだと思います。
    まぁ、女の子同士よくある対立とか、順番にやってくる仲間はずれとかがわけわかんなくて一匹狼だったり、楽だったので男の子達と遊んだりと、自分を崩さない所もありましたが。
    親の前では「いい子」でいたんだろうな。
    そして、専門学校の時は楽しかった想い出しかないけど、今振り返ると自分を手放しでさらけ出してはいなかったと思う。
    ダンスの専門学校で、みんながみんなじゃないけどハデでお洒落で自信たっぷりで、田舎から出てきた私は自分が出せなかったんだろうな。それなりに自信は持ってたんだろうけど、圧倒されてたんだと思うわ。ダンサーって「私が一番よ」ってタイプの人が多いから(笑)あっ、個性が強いってだけで皆いい人なのよ(フォローしとくわ/笑)。
    今ではそうは思われないけど、昔はものすごーく人見知りだったしね。

    こんな感じで自分を出していなかった私は、アトピーの症状が毎年出ていたんだけれど、ダンサーになって性格が悪くなって(笑)、「私が一番よ!」って感じで友達が「えっ」って引いてしまうような発言なんかもするようになったら、アトピーが出なくなったの!
    この性格の悪さは、今となってはすっげー迷惑じゃん、って自分で思うけど(笑)
    ダンスの仕事場で「ブラックリストに載ってるらしいよ」とか(真実かは定かではないが)、いやがらせを受けてたり(受けてたり、って言うのは、私この嫌がらせに気付いてなかったのよ/笑)、たぶん私の事をあまり好いてない人もいたんじゃないかしら。
    ね、性格悪かったでしょ(笑)
    あ、自分のフォローをしますが、よく「気が強くて性格悪いと思ってたけど、実はいい奴だったんだね〜」と、私の事を知ってくれた人からは言われてたのよ(笑)。

    でも、アトピーから卒業する為には私には必要な流れだったんだと思うの。
    この時点で100%自分の想いを表に出せていた訳ではないけどね。自分でも気付かない自分の中の想いもあるわけで。。。
    きっかけ話じゃないけど、これも今の自分に繋がるひとつの通過点だったのね。

    お客様には「私もアトピーだったけど、性格が悪くなったら症状がなくなったのよー」と、よく話していますが。。。
    まぁ、性格悪くというのはひとつの表現の仕方だし、ここまでしたほうが良いとは言いませんよ。
    ただ、自分の中で何か押さえている事はないか、これを言っちゃいけないんじゃないか、とか、いい子でいなきゃいけないんだ、とか、自分で意識できる事だけではなく、無意識の中にある事を自分で捉えてあげる為にも、自分で自分に問いかけてあげて欲しい、そう想います。

    そして、その部分を言葉として口から表現していく。少しずつでいいと思うんです。
    それが難しいならば、絵を書いたり、詩を書いたり、料理や小物を作ったりと、創造という作業を通して自分の中から溜まっているモノを表に出していく。
    創造する事生み出す作業は、自分の中の物を外に流し出していく作業。
    または、叫んでもいい。カラオケで大きな声で歌ってエネルギーを通すのもいいと思います。

    自分の中に溜めこんだままにしないでね。
    感情・想いは流し出していってくださいね。
    我慢はしないでね。

    のびのびと楽しい毎日を過ごして欲しい。。。そう願います☆


    今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました

    ポチッと応援いただけると、嬉しいです

    人気ブログランキングへ

    ありがとうございます

    今日も心がぽかぽか〜な一日をお過ごしください


         

    <crescent  moon>
    セッションメニュー・お問い合わせ
    http://ariling.jugem.jp/?eid=39


    カテゴリから過去の記事をお読みいただけます
    携帯からの方は記事よりも下へスクロールすると、カテゴリ集というのが出てきますので、クリックするとカテゴリ一覧が表示されます。
    過去記事も是非読んでみてくださいね

    感謝


    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM