スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    ☆エネルギー交換の続き

    ☆日々、思うこと comments(0) trackbacks(0) ありりん


    前回の記事の続きですが。

    今はエネルギー交換の方法として、お金が使われていると書きました。

    物やサービスというエネルギーをいただく変わりに、お金というエネルギーを相手に渡す。

    今はまだお金での交換ですが、お金の時代ではなくなる、とも言われています。

    これがどういう意味なのかは、私はまだなんとなくしか掴めていませんが、実際お金という形に捕らわれず、すでに他の形としてのエネルギー交換をなさっている方もいらっしゃいます。

    今後お金という形ではなく、他の形でのエネルギーの交換となるとしたら、このエネルギー交換という事をなおさら理解していかないと、と思うのです。

    今は物やサービスに値段が付けられていますが、自分の気持ちとしてお金ではなく自分が持っている技術や食べ物などでエネルギー交換をする事になるのでしょうか。

    あ、仮説ですので、絶対にそうなるとは言いきれませんが、もしそうそう時代になったら、大切になってくるのは、感謝の気持ちなんだと私は思います。

    今の1万円分のサービスを受けた時に、でも2千円分のお返ししかできない!となっても、心がこもっていれば、感謝の気持ちがあれば、誠意がこもっていれば、同じだけのエネルギー交換になると思うのです。

    そういう真心の交換の時代という意味かしら?
    だとしたら、とっても素敵!
    と、思ってしまいます。

    みんながみんな、そんな真心の交換が出来る世の中になったら、素敵ですね♪

    またまとまりがなくなっちゃったかしら(笑)

    また補足したくなったら、記事にしますね。


    ☆愛を込めて☆

    ☆横浜中華街・2

    ☆日々、思うこと comments(0) trackbacks(0) ありりん


    この間行った中華街のお話の続きですがイヒヒ

    ものすごく久しぶりに中華街に行ったのですが、何がびっくりしたって、占いの店とパワーストーンの店が増えまくってて、びっくりしちゃいました!

    占いの店も人が入ってるし、どんな感じなのかジロジロ見ながら歩いていたら、呼び込みの兄ちゃんにつかまった(笑)
    でもこの兄ちゃんの軽さがツボにハマって、手相を見てもらう事にイヒヒ

    私が見てもらった先生は易もやってるとの事で、易にも興味があったので「易も995円なの?」と軽い気持ちで聞いたら「それぞれに値段がある。なんでもかんでもお安い値段でいただこうというのは、都合がよすぎる」的な事を仰って。

    ごもっとも!

    ただほど怖いものはない、と言いますが、何事もエネルギーの交換。
    ただ受け取るだけで、同じだけの気持ちを返さないとしたら、エネルギーの循環がうまくいかない。
    今の時代はまだ、目に見えるエネルギーはお金という形をとっている。
    野菜をいただくにも、お金と野菜を交換する訳です。
    (昔はお金じゃなかったんだろうけど)
    占いなどは物質化されていないので、エネルギー交換という事を理解出来ていなければ、少しのお金で「もっともっと」という気持ちに陥りやすくなってしまうのですね。

    目に見えないモノでも、きちんとしたエネルギー交換をしなければならない。
    それがボランティアではなく、お仕事であればなおさらですね。
    最低限のお金がなければ、まだまだこの世の中生活できませんから。

    ボランティアだとしても、それなりの感謝の気持ちは必要なのだと思います。

    なんだか中華街の話から、真面目な話になってしまいました(笑)


    そうそうひらめきお店などで、パワーストーンを購入した時は、身につける前にきちんと浄化してくださいね。
    自分の手元に来るまでに、たくさんの人の手を渡って、様々な気が入り込んでいますので。


    今日も素敵な1日をぴかぴか


    ☆インドの風景

    ☆日々、思うこと comments(0) trackbacks(0) ありりん
    JUGEMテーマ:日常
     

    あ(涙)。。。書いていた記事が消えてしまった。。

    結構長い文章だったのでショックです

    ショックが多きすぎて、もう文章が書けないので(笑)

    今日は数年前に行ったインドの日常の風景をどうぞ。



    バスの中から







    神聖な牛たち







    電車、乗ってみたかったなぁ







    売店








    また行く機会はあるかなぁ〜。。。


    今日はインドでした〜。


    ☆感謝☆


    ☆自分でビックリ

    ☆日々、思うこと comments(0) trackbacks(0) ありりん

    最近、勝手に自分が喋っている事がある。

    あ(汗)突然こんな事言うと、変な人くさいね(笑)


    人と話をしている時に、言葉が勝手にドバーっと出てきて、全部喋り終えた瞬間、自分でビックリするのである。

    今までなら、頭で相手の反応などを探ったりして頭の中で色々考えちゃって、想いや自分の考えを伝えきれない感じだったのだが、、、。
    最近は口から勝手に言葉が飛び出しているのです。しかも途中で止まる事なく。

    あー、わたし、こんな事思いっきり喋ってるー。

    と、自分が自分の想いを躊躇せずに喋りきったという事に、自分で目が点になるのである。

    仕事の時はお伝えする事満載なので喋りますが、プライベートでこの感覚はなかった。

    またまた面白い。

    少しずつまた何かが変わってきているのだろうか。

    うーん、実に面白いイヒヒ

    ☆仲間の旅立ち

    ☆日々、思うこと comments(0) trackbacks(0) ありりん
     

    先日、23日の満月で秋分の日に、おとぎの国の仲間が、この世から旅立っていった。
    このパワフルな節目の日を選んだ彼女は、すごい人だ。

    彼女は「自分の人生を振り返ったらいろいろあったけど、本当にいい人生を送らせてもらったから、自分自身の事は何も悔いはない」と、輝きを放ちながら、きっぱりと言い切ったそうだ。

    歳の近い知人がこの世を旅立った原因が、病だとわかると、病に怖れを感じ、気をつけなければ、と多くの人が口にする。

    でも、病に、怖れに焦点を合わせる事より、彼女のように、この人生を終える時に、悔いのないよう今を精いっぱい生きる、という事に焦点を合わせるべきではないか。

    気をつけなきゃね、その言葉を耳にするたびに、どうなるかなんてわからない未来の事を心配するなら、そのエネルギーを今、今この時を精いっぱい生きる為に使おうよ、と思う。

    人はいつこの世を旅立つかなんて、わからない。
    だからこそ、今を精いっぱい生きる。

    彼女は仲間たちに、メッセージを残してくれたんだね。


    ありがとう。


    わたしは彼女に感謝の気持ちと、
    残された家族はこの悲しみを乗り越え、そこから学べる力があるのだから、大丈夫。
    安心して輝く世界に戻っていってね、と伝えたい。

    ほんとうに、ありがとう。


    愛と感謝を込めて。。。

    ★新たな出発です

    ☆日々、思うこと comments(0) trackbacks(0) ありりん

     
    もう9月も半ば。早いですね。
    皆様、お元気ですか?

    わたくし、引っ越しいたしました。
    って、突然ですね(笑)

    引っ越しをして、気分を新たに、
    セッション料金の見直しをしました。

    独立1周年記念企画をやろうかな、と言いつつ、
    何もやっていなかったですし。。。

    独立1周年記念と、
    移転というまた新たな出発!
    という事で、見直しをいたしました。

    詳しくは
    セッション料金・お問い合わせ カテゴリをご覧下さい。
              
    http://ariling.jugem.jp/?cid=13
     

    今までご利用いただきました皆さまには、
    大変大変申し訳なく思っております。
    ありりんの新たな出発を、どうぞご理解くださいませ。



    そして、これから
    足湯
    お茶会(説明会)
    も、取り入れていきます。

    足湯は、ちょこっとメニューとして。

    説明会という名のお茶会は、お茶を飲みながら、
    わたしがやらせていただいている整体や、
    リーディング、その他のセッションについて、
    どのようなモノなのかをご説明させていただくお茶会です。

    ちょこっと体験していただいたり、
    たんなるお茶会になるかも知れないし(笑)、
    瞑想会になっちゃうかも知れないし。
    かたっくるしい説明会というよりも、お茶会です。
    いや、お茶会にしたいかな^ ^

    こちらは、月に2回くらいを予定しています。
    日時はブログにアップしていきますので、
    マメにチェックしてくださいね


    全てに感謝
    そして愛を込めて。。。


    ☆ぼくはうし

    ☆日々、思うこと comments(0) trackbacks(0) ありりん
     

    少し前の記事で口蹄疫について転載させていただきました。
    こちらもミクシーのマイミクさんが転載していたものです。
    また違う角度からの表現で、考えさせられます。


    どの情報も批判・ジャッジはせずに、読んでいただきたいと思います。
    何かを責めても、解決にはならないのですから。



    以下、私のマイミクさんの日記をそのまま転載いたします。



    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



    いろいろ意見はあると思いますが
    ニュースで流れてくるような情報とはまた違う視点で
    マイミクそっぺさんが詩を書かれているので転載します。

    考えさせられる興味深い詩ですペン


    http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1496358644&owner_id=16882363&comment_count=45



      牡牛座  牡牛座  牡牛座


     ぼくは牛です

     普段はしゃべることはできないんだけど
     今日は特別に人間語を話せる魔法をかけてもらったんだ
     
     今ね、日本の宮崎県っていうところで
     口蹄疫という病気が流行ってるよね

     ぼくら牛とか友達の豚とかヤギとかキリンとかシカとか…
     足の爪が偶数に割れてる動物の間で感染する病気なんだ

     自然界に生きる僕らの仲間が感染してもさ
     大病にはならないんだけど
     家畜として飼育されてるとさ
     なんせ人口密度?家畜数密度?が濃いからさあ
     すぐにドバーっと感染しちゃって

     症状は口とか足とかが水ぶくれになって
     食欲が落ちるから体重が減るんだよね
     そしたら人間にとっては
     肉質が悪くなるとかで価値が下がるみたいで
     そうなると育てる意味がなくなるみたい
     そして感染速度の速い病気だから
     もう、殺すしかないんだって

     一緒に住んでる仲間の1人でも感染してたら
     全員殺されるんだって


     もしも人間界でさあ
     クラスに1人でもインフルエンザに感染したら
     その学校の生徒全員殺します
     社内で1人でもインフルエンザに感染したら
     その会社の社員全員殺します
     町内で1人でも感染者が出たら
     その町の住人全員殺します
     って決まりができたらどうだい?

     

     ぼくらはそんな決まりの中で生きて、殺されていくんだ

     もっとも、その理由で殺されなくったって
     ゆくゆくはもっと恐ろしい目に遭うんだけどさ

     ぼくらを育ててくれてる農家さんは泣くんだよ

     ごめんな
     ちゃんと育て切らないうちに殺してしまうことになって
     ごめんな
     怖い思いをさせて
     ごめんな
     元気なおまえまで巻き添え食わせて
     ごめんな

     って、涙を流して泣くんだよ。

     その光景はきっと日本中の多くの人に
     ぼくらのことをかわいそうだと思ってもらえたと思う

     ぼくらはさ
     どの段階が人間の言う
     ちゃんと育ち切った状態なのか知らないけどさ

     やっと一人前になったかなって思った頃に
     突然トラックがやってきて
     育ててくれた人に手を振って見送られて
     知らないとこだけど恐ろしくて怖いってことは感じ取れる場所へ
     連れて行かれて
     怖くて足がすくんでると電気棒でお尻を叩かれて前へ進まされて
     額に電気ショックを当てられて気絶して
     目が覚めたら足の1本をヒモで縛られて逆さ吊りになってて
     なんだよやめてくれよってもがいてもとれなくて
     のどをズバッと切り裂かれて
     血がどくどくと流れ出して
     ぐるじい、、だずげで… と訴えてるのに
     足とか腕をどんどん切り落とされて体がバラバラになっていって
     意識はいつまでも残っていて…
     こんな一大事なのに誰も助けてくれないし
     育ててくれた人はもう知らん顔だし
     日本中の誰もが知らん顔

     みなさんにお初にお目にかかるのは
     スーパーのパックの中

     ちなみにどんなにバラバラにされても
     意識はちゃんと残ってるんだよ
     だれがどんな風にぼくらを飲み込んだのか
     見届けてるんだ
     胃袋の中に入って消化されたって
     意識は残っているんだよ

     まあそれは今はいいけれど

     ともかく
     そんな切ない最期よりも
     育ててくれた人が涙する目の前で
     血を出さずに殺されて
     運がよければ焼いてもらえ
     その手間がかけられない場合でも
     ちゃんと埋葬してもらえる
     手も足もくっついたまま埋葬されて
     手を合わせてもらえるんだ
     日本中の人からも
     かわいそうね、って思ってもらえる

     この病気で死ぬ方が
     ぼくらにとっては穏やかな気持ちで成仏できるんだ


     今回のできごとはさ
     世界中にいるぼくらの仲間で話し合って
     決めたことなんだよ

     この方法しかなかったんだ

     ぼくらの気持ちを伝える方法は
     これしかもう思いつかなかったんだ

     どんなにたくさんの人間たちに迷惑がかかろうとも
     もうぼくらにはこれしかなかったんだ

     ただ、わかってもらいたい一心だったんだ

     日頃、ぼくらがどんなに悲しい思いをしているのか
     ってことを…


     だからおねがい

     被害額がいくらだとか
     損失がどうだとか
     保障がどうだとか
     畜産業がどうなるとか
     他の業界への影響がどうだとか
     責任は誰にあるのかとか

     その心配をしながらでもいいです

     どうか問題の本質に目を向けてください

     いくら保障をしても
     畜産農家を支援しても
     地域を支援しても
     募金をしても

     問題の本質から目を逸らさないでください

     人間という生物は本当に栄養学的に
     ぼくらを日常的に食べないと生きていけないのか

     ぼくらに対するこのような残虐行為が
     人間どうしの争いに影響を及ぼしていることはないのか

     ぼくらを食べるために飼育することは
     地球の環境にとって最善なのか

     地球上では全ての人に行き渡る充分な量の穀物があるのに
     ぼくたちを養うためにそれが行き渡っていない
     ということはないのか

     ぼくらをこんな風に扱うことによって
     人間としての魂の成長は得られるのか

     …


     援助や募金をするのなら
     畜産農家さんたちが別の職業につけるように
     どうか支援してください

     屠殺業者さんが別の職業につけるように
     支援してください

     精肉業者さんが別の職業につけるように
     支援してください

     ぼくらが家畜制度から解放されるように
     環境を整えてください

     ぼくらを食物として扱わない
     新しい文明をつくる努力をしてください

     
     ぼくにしゃべれる魔法をかけてくれてありがとう


     ぼくらの気持ちをブログや日記、ツイッターなどで
     伝えてくれている多くのみなさん
     ありがとうございます

     つたないぼくの話よりももっと詳しくわかる日記を
     紹介しておきますので

     どうか読んで考えてみてください

     http://mixi.jp/view_diary.pl?full=1&id=1493900375&owner_id=7780041


     空さん「口蹄疫と偽善者たち」

     http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1493731282&owner_id=9752956

     ビンカさん「畜産農家の被害?【口蹄疫】


     最後まで読んでくれて
     どうもありがとうございました


     ぼくはうしです牡牛座そっぺ



     追伸:
     ひとつ言い忘れてたことがあったんだけど
     というか、本当は言ってたんだけど取り消してたことがあるんだ
     でも大切なことだからやっぱり言うことにしたよ

     それはね

     ぼくらは人間が大好きだってこと

     ぼくらはね
     人間が大好きなんだよ
     人間のために働くことが大好き
     重い物だって力持ちだから平気だし
     退屈な作業だって飽きずにできる

     一生懸命働いて人間の役に立って
     喜んでもらってかわいがってもらえると
     すっごく嬉しいしもっと役に立ちたいと思うんだ

     ぼくらが人間にできない仕事をやって
     人間たちがぼくらのお世話をしてくれるなら
     ぼくらは死んだあと人間たちに
     食べてもらうことも喜びのうちなんだよ
     ぼくらをかわいがってくれる大好きな飼い主さんが
     食べ物がなくてお腹を空かしているならば
     ぼくは喜んでこの身を捧げるよ

     ぼくらと人間はそういう関係だったんだと思うんだ

     大好きな人のためなら死ねる

     人間のみなさんもぼくらもその気持ちは同じだよ


     長くなっちゃったね
     読んでくれてありがとう

     また魔法をかけてもらって
     お話できたらいいな

     ありがとう

     うしより



    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



    それぞれ違う立場の人たちの想い・動物たちの想い。どちらも胸が苦しくなります。

    今までの価値観が覆される、まさに変革の時代に起こるべくして起こった出来事とも思えます。(この様々な情報が流れる部分までも)
    今まで当たり前と思っていた事が、目の前から消えていく。何もなくなってしまったらどう生きていけば良いのか。。。。。

    そして、地球上の全てのものに生命が宿っているということ。生命が宿っているものには、感情・意志があるということ。
    忘れてしまった人間と他の生命との調和の感覚。そして、その全てへの感謝を。。。

    人間と動物・自然との関わり方について、深く深く考えさせられます。
    人間と人間の関わりについても。。。

    考える機会を与えてくれた事に感謝☆


    そして、最後までお読みくだった事にも、感謝いたします。


    ありりん

    ☆口蹄疫 そこに関わる人々の想い

    ☆日々、思うこと comments(0) trackbacks(0) ありりん
     

    mixiのマイミクりゅーくんの日記に紹介されていました。
    やはり、現状は一人でも多くの方に知っていただきたく、転載いたします。
    この場に関わっている方たちの声、気持ち、現状を、ジャッジする事なくただ知る事。そして、同じ日本に住むものとして、地球人として、わずかな事でも出来る事はないだろうか。。。胸が苦しくなるとともに、考えさせられます。



    以下転載です。

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    「殺処分」って言葉で簡単に言われちゃうけど、なんて多くの命が徒に人間の都合で失われていくのだろう。
    家族同然の動物達を理不尽に自分の手で殺さないといけないとしたら、本当にどんな悲しみだろう。
    それで確実に自分の仕事がなくなると分かっていて、それでも国の命令で愛するものの命を自分で奪わないといけないなんて、なんていう不安と苦しみだろう。
    この騒動に実際に関わった人々と命のために、少しでもできることをしたいとおもいます。




    特集記事【激震 口蹄疫:宮崎日日新聞】
    http://www.the-miyanichi.co.jp/special/kouteieki/index.php



    以下転載
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    書くべきなのか書かざるべきなのか・・・

    以前書いた日記「あの母の瞳は閉じられた」の文中にある

    >さすがに書くことがためらわれるほどの心が冷える行為さえも現場では起きてました。


    を、やはり書く事にしました。

    畜産農家を、遠くから言葉でいじめるのは辞めて欲しい。
    お前らのせいだとか、犯人扱いするのは、本気で辞めて欲しい
    誰だって、一人としてなりたくてなった現実ではないのだから。。。
    皆さんと同じ、家庭を持ち幸せに暮らしていた人達なのですから。



    *-*-*-*-*


    先日、とある養豚農場で働く友人に会うことができ話を伺うことが出来た。
    (もちろん、お互いに防疫対策を施したうえでだ)

    数日前に口蹄疫感染の疑いが出て全頭処分が決定した農場である




    彼は本当に豚さん達と真剣に向き合って肥育していて、口蹄疫問題が起きる前までは、いつも面白おかしく豚舎での話を聞かせてくれていた。


    「ちょっと巻き毛の母豚がいてな。

    俺には懐いてくれちょっちゃけどよ。一度マジ切れしてよ、思いっきり拳で殴ったら、自分の手は怪我したのに母豚は平然としやがって「ちくしょーー!(笑)」

    こいつがさ、なかなか上手に水を飲めなくて、いっつも俺が飲ましてやっててさ、

    時々、俺のひざに頭をのっけて休むんよ(笑)200kgもある母豚やかい、頭だけでも重いっつどぉ(笑)。

    たださ、こいつになかなか子供が授からんでなぁ、何度も受精させてやったんやけど、なんでかこいつだけ子供ができんかったっちゃわぁ。

    「お前どうしたっかぁ。ごめんなぁ俺が悪いんかもなぁ。女の幸せをあじあわせてやれんなぁ。子供産んでみたいやろう。次こそ頑張ろうなぁ。」言って、首に抱きついてあげたりしてたんだわ



    でもよ!先月ついに受胎したことが分かってな。「やったーやったー!よう頑張った!!!やっとお前も赤ちゃんが産めるな(^^)」って、喜んでその母豚カードにでっかく「成功」って書いたばっかりやったのに・・・・






    ・・・・・もう殺さにゃいかんとよ。

    自分の赤ちゃんを産ませてあげられんやないかい!!



    どうすっとかい! 




    ・・・・ごめんなぁ。言うしかなかった

    せめて今だけは、腹いっぱいエサ食えよ。って大量に準備してあげてるっちゃが。





    子豚たちの蹄からは出血が始まり、上手に歩けなくなってビービー泣いている

    母豚は乳首のところがただれ始めて真っ赤になって血を流しているのもいる。それでもむしゃむしゃエサ食うやつは食うんよ。


    また、明日そいつらの所に行って、声かけてあげにゃいかんちゃろうけどよ。どんな顔して、なんて声かければいいっかえ!」




    って、語ってくれた

    数千頭の豚を養っているこの農場では、いまだに埋め立て地が決まらず殺処分はされていない。


    しかし、もうすぐ真っ白い防護服を着た人達がやってきて、全ての豚が殺されていく




    今日(5/11)までの発表では67例となり、殺処分対象となった家畜は計7万6852頭

    川南町の人口はおよそ16,800人


    すでに、私たち川南町民の4.5倍もの家畜が人為的に殺されていく。


    それでも、今現在もまだ元気に生きている命ある者達に被害が及ばないよう、一人一人がしっかり考えた防疫を心がけていかなければならない。

    消毒の徹底!をお願いします。



    *-*-*-*-*



    殺処分の様子は、本当に地獄絵図のようだった。



    獣医さん達が来て、一頭一頭、注射で眠らせてその後に、さらに注射で安楽死させると思っていた。

    この養豚農場には、人間よりも大きな母豚が数百頭、青年豚がさらに多く、子豚が数千頭



    口蹄疫の症状の出ていないまだ元気な豚もたくさん居る




    「 何十人と獣医師が来たけどよ。かき集められた経験の浅い獣医師たちは、母豚を怖がってまともに注射も打てんちゃが

    急所は首筋の血管なのによ、柵の外から身を乗り出して、お尻に打とうとするわ、バカじゃねーか!豚だって生きちょっし痛いから、ひょいとお尻を動かして逃げるわな。

    しょうがねーかいよ、俺が柵に入って豚の首をガシって押さえつけてやる始末。
    危険やっちゃけど仕方ないわ


    首筋に注射を打つやり方を教えたっちゃけど、ダメじゃわ・・・

    もう、豚の首は、突き刺した注射のあとだらけ、痛々しいわ。豚はギャーギャー暴れるわ


    ちくしょーーちくしょーーー!もっと安らかに死なせてやってくれよ。

    獣医師の免許をもっちょる奴しか、殺したらいかんかいよ。手がだせん・・・

    かわいそうでよ


    もちろん、ベテランの奴は上手いし、早くてよ関心するんよ。


    でもな、みんな目に涙を浮かべながらも作業してくれてるし、手を合わせてくれる人もいる。


    命を救うための獣医師がよ。
    今まで、命を助けるために、動物に声をかけ、一生懸命働いてきた獣医師がよ・・・

    この注射を打ったら、こいつが死ぬって分かりながら、注射を打ちこむんよ。
    そりゃあ、人としてつらいし、心が痛いわなぁ。歯を食いしばるしかないのかよ!



    俺はさ、もともと出荷のための豚なら、なんとかあきらめがつくんよ。出荷だと思えばいいちゃかい。

    でも、母豚はよ。俺がこの農場に努めだしてからずっと面倒見てきたっと、性格もよく分かる。顔見りゃ名前も、出産した回数も、病気した時、エサを腹いっぱい食って喜んだ時。悪ん坊や、甘えん坊、気性の荒い奴、優しい奴、み〜んな分かる。共に生活してきた家族やっちゃかい。


    口蹄疫に感染してしまって痛々しい症状が出てる奴は、鼻や口の水疱が破けて痛いもんやからエサが食えんなっちょる。それでも腹はへるかい、えさを探すわな。豚は鼻が命じゃ。人間で言う手のようなもんで物を探るのは鼻で探るんよ。

    痛いやろうに・・・

    まともにエサが食えんかい。俺が手で食べさせてやってた。

    鼻も口元も、蹄も乳首も痛々しいのに、俺を見つめる目はやさしくてよ。なんだか、向こうがごめんよ〜言ってるみたいや。ありがとう言ってるのかなぁ(T-T)


    注射打たれる姿に耐えられんで離れたところから見てたら、獣医師の腕をふりほどいて、こっちに走ってくっとよ。

    ひずめが炎症起こして血を流してるもんは、痛いから立ち上がれんでずっと横になってギャーギャー言ってる。でも、立ち上がらせて殺処分するところまで連れて行かんと、重いかいよ。まず鎮痛剤打つっちゃわ。

    したら、痛みが取れるもんじゃかい。ひょいっと立ち上がる。でも蹄からも血が出て、腐りよっかい


    蹄が取れていくとど・・・赤くなった蹄だけが地面に転がってるんやど・・・

    それでも、蹄が無くなった足で、俺の所に駆け寄ってくる


    はやくなんとかしちゃれよーーーー!(T-T)




    ある程度の大きさの奴は、電気で殺すっちゃわぁ

    でっかい火ばさみみたいな物で、まず頭を挟んでな、スイッチを入れると高圧電流が流れ、失神する。
    そしてそのあとに、胸の所を挟んで、心臓に電流を流すとガタガタガタとしびれて心臓を止めて殺すとど・・・かわいそうやんけ。

    さっきまで、元気で、震えて泣きよったやつが。突然静かに死体となるんよ。


    たださ、時々、その動かなくなった豚を運んでたり、穴の中に落とした時に、生き返って動き出すやつがおるんよ。気絶してただけなんやろうな。哀れでなぁ、また殺さにゃいかん・・・。




    まだまだ元気な奴らはさ、どんどん穴ん中に落としていく、みんなで板を使って追いやって穴に落としていく。

    一番下に落とされた豚たちは、熱と重さで圧死ししていくけどよ。後から後から落とされた豚は、どんどんジャンプして穴から必死に飛び出ようとするんよ。

    その生きようとする動物の必死さにまた泣けてくっちゃがぁ(TへT)


    その上からブルーシートをかぶせてよ、コンパネの板を上において、飛び出してこんように、俺たち人間が上に乗るっちゃわぁ・・・

    それでん、下から・・ドンっ!ドンっ!て必死にぶつかってくっとよ。


    ブルーシートの隙間からホースを入れて、中にガスを流し込むんよ・・・

    すると、だんだん静かになってきてよ、しばらくするとシーンとなるんよ(T-T)

    ちくしょーーーーーーー!



    作業員達があちこちで、殺処分をしていってる
    地獄を描いてる絵があるわぁ。鬼が人間をいたぶっている絵よ。あのまんまって感じ(*_*)


    豚舎の中が、ギャーギャーって今まで聞いた事もないような泣き声があちこちから聞こえるかいよ。

    赤ちゃん子豚が不安な様子でジッとしちょっちゃわ。


    病気に感染した奴は、蹄から血を流して痛いし、おっぱいが飲めんかい
    コロっコロっ死んでいく。


    それでも、豚舎が違ってたりで感染していない元気な奴もいっぱいおる。


    敷地が一緒やかいて、経営者が一緒だってだけで


    殺さにゃいかんとか・・・

    本当に、この子達も殺さにゃいかんとか!


    ・・・


    周りの異常な雰囲気を感じちょっちゃろうね

    ひょいっと両手で掴み上げるわ

    すると、身体をグッと堅くして、不安げに身体をブルブル震えてるのが手のひらから伝わってくるとよ。


    ごめんなぁ、ごめんなぁ。俺が泣き出してよぉ

    その身体に注射針が刺されて、静かに、ぐったりと手の中で重みだけを感じる物体になる
    さっきまで硬かった子豚の力が抜けて、何の力も入らない柔らかい物になるんよ。




    もうどんだけの涙が流れ出たかわからん


    あと、残ってた豚舎は、ウィンドレスの豚舎じゃかい・・・


    せめて、安らかにと思うてかいよ

    帰ってくる時・・・空気を送り込むファンのスイッチを切ってきた。




    家に帰ってよ。風呂に入ってよ。飯はよう食わんかい。焼酎飲みながらテレビをみてるとよ


    俺・・・いつのまにかボロボロボロ泣いてるっちゃわ




    今頃、眠るように死んでってるんだろうなぁ・・・・。





    お前よ。豚は言葉がしゃべれんけんどよ。もしもよ、お前の子供をよ、「なんで?」って言われながらよ。国からの指示やかい言うて・・・大好きなのに・・・手の中で殺せるか。」






    まだ、口蹄疫の感染拡大は収まらない

    今もまだ、毎日毎日、牛や豚が殺処分されていく

    そして全ての農家で、こんな味わいたくもない体験を味わってる

    なぜ、農場主や従業員が、中に入って一緒に処分しないといけないのか


    せめて、優秀な獣医師や、テキパキ動ける自衛隊員をもっともっと送り込んでくれよ!
    _| ̄|○(泣)



    地獄絵図と書いたが、中にいたのは鬼なんかじゃなく、愛情に溢れた人々でした。

    全国にはたくさんの農家がある。

    あまり消費者の目に届くことはないところで、私たちが安心して安全なものを食べていけるよう。精魂込めて接してきている人達がいる。私たちは彼らなしには美味しいものを食べることが出来ないのです。

    農家の方々の愛情をいただいて生かされているようなもんなんですよね。


    こんな時だからこそ、いつもより町内で買い物します。
    こんな時だからこそ、宮崎産という文字が愛おしいです。
    是非、みなさんも自分の地元で地産地消を心がけていただきたいものです。




    発生から今日で1ヶ月が過ぎました。

    そして、今、131軒、11万8164頭の生き物の殺処分が言い渡されました。



    これ以上の被害農家を出さないためにも、今、元気で生きている牛や豚の為にも

    自分自身の意識を高くして、「徹底消毒」にご協力ください!!!m(_ _)m


    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−




    口蹄疫についてようやく全国区で報道がされるようになりましたね。
    発生当初は"なぜか"報道規制がかかっており、マスコミ情報が全くと言っていいほど出なかったのです。
    本来ならば国策でもっと早急な措置が必要だったのは誰の目にも明らか。
    なぜこのような事態に陥ったのか、各自十分に考える必要がありそうです。
    そして良識ある行動を今後とっていくしかないでしょう。

    宮崎県の現地からの声がまわってきましたので、とりいそぎ以下転記させて頂きます。

    *:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚*:;;

    今、宮崎で牛や豚に「口蹄疫」という家畜の病気が大量発生しているのをご存知ですか?

    口蹄疫はひづめのある動物だけに発症するウィルス性の病気で、人は感染しません。
    また、感染した牛や豚の精肉が市場に出回ることはありません。
    仮に食べたとしても人体への影響は全くありません。
    宮崎の私達は、牛肉も豚肉もばんばん食べています。
    報道規制であまり知られてませんが、情報検索で現状はわかると思います。
    口蹄疫は、感染が確認されたら殺処分です。
    1軒に1頭でも出たら、同じ畜舎内の感染していない家畜も同時に全て殺処分です。
    そして、感染は爆発的に広まっています。知事は非常事態宣言を発令しました。

    宮崎は日本有数の農畜産大国です。松坂牛の5割は宮崎牛です。
    宮崎の畜産は壊滅状態です。日本中の和牛を支える種牛のほとんども殺処分されました。
    農家の方々は、収入が絶たれました。 全ての家畜を失った方々の大半は再建不可能だそうです。
    そして、県も市町村も財政難から必要物資、防御対策が不十分な状態です。
    消毒薬、注射針ほか、必要物資、獣医さん等の人材が全て不足しています。
    農家の人は、消毒薬不足で「酢」を撒いています。
    今、農家の方々にお金が必要です。
    出荷できない、または処分の理由で収入が絶たれ生活費に困窮しています。
    殺処分後の埋却地の購入資金も必要です。
    必要物資(消毒薬など)の購入資金も必要です。

    県に義援金窓口が設置されました。
    また、発生中心地の役場にも支援金窓口が設置されました。
    以下に、3窓口の振込先などをお知らせしますので、一人でも多くの方のご支援を心よりお願い申し上げます。

    ★宮崎県口蹄疫被害義援金(宮崎県を通じて被害畜産農家へ配分)ゆうちょ銀行口座
    【ゆうちょ銀行でお振り込みされる場合】
    記号:01740−9 番号:69998 口座名:社会福祉法人宮崎県共同募金会
    【ゆうちょ銀行以外の金融機関からお振り込みされる場合】
    金融機関名:ゆうちょ銀行 店名:一七九店 店番:179 預金種目:当座預金
    口座番号:0069998 口座名:社会福祉法人宮崎県共同募金会

    ★最も被害の大きい川南町、都農町の役場
    川南町役場 
    尾鈴農協 本所 普通 0088983 川南町口蹄疫対策支援金川南 町長 内野宮正英
    都農町役場 
    尾鈴農協 都農支所 普通 0049251 都農町口蹄疫支援本部 代表 河野正和 』

    *:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚*:;;





    追記*******************


    多くの方々からの温かいコメントありがとうございます
    見知らぬ方々からの多くのコメントに本当にありがたみを感じてます。

    ただ、それとともに怖さも感じてます。

    宮崎産、川南町産と書かれた野菜が売れなくなってきています
    農畜産で生きてきた町です。

    どうか、みなさま「何もできませんが」と言わず

    皆さんが食べている食べ物が全て外国産に変わってしまう日が来る前に、今でこそ意識して食べてください。

    食卓へ上がる牛肉、豚肉に口蹄疫感染したものは含まれません。こちらの肉類は一切移動できていないので、流通していませんし、まかり間違っても人には感染しません。

    そのために、畜産では、無収入の町となってしまってるわけですので(T_T)

    本当に安心して食べてください。


    同時に、野菜農家にも影響が出て来ております。
    天候不順もあり、ほぼ外国産に入れ替えられてしまったことと、宮崎産というだけで買いたたかれているんじゃないでしょうか?


    多くの日本国民の皆様に出来ることがあります。とても大事なことです。

    日本産の牛肉、豚肉、お野菜を、意識して食べてください。

    それだけで、日本は守られ、私たちの町もいつか復活できるはずです!


    お願い致しますm(_ _)m




    転載に関して

    *********************************
    私が伝えたい事は、現場の悲惨さはありますが、今まで家畜と共に生活してきた農家の方々の愛情を知って欲しいと思い書く事にしました。

    決して、政府批判でもなく、対応の悪さについて言及するものではありません
    転載されるのは構いませんが、間違った方向にもっていかず

    私たちと同じく、何気ない生活を楽しんできた農家の方々の愛情をお伝えくださいませ
    m(_ _)m
    *********************************



    *-*-*-*-*

    転載大歓迎です。
    必要なところへ必要なだけのエネルギーが届きますように。
    ありがとう。


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    私からも、、、
    最後までお読みいただき、ありがとうございました。




    ☆恋愛対象???

    ☆日々、思うこと comments(0) trackbacks(0) ありりん


    友達に聞いて驚いたのですが、、、。

    戦隊モノのショーに来る女の子たちの話なんですけどね。


    ちょっと前って、○○レンジャーとかのマスクを被る前の2枚目(言い方が古いっ/笑)の男の子達が人気だったじゃないですか。
    変身する前の人間の男の子。

    でも最近は、戦隊モノのショーで、顔を出してる男の子ではなく、変身後の○○レンジャーや仮面ライダーとかが出てくると、キャーキャー言うらしいと。。。


    何年か前に、愛を育む行為をバーチャルの中でしかできない男性が、意外と多いと聞きましたが。。。

    女の子も生身の男性ではなく、ヒーローに目が行ってしまうとなると。。。


    それで良いのか(汗)


    うーん。
    男性性と女性性のバランスが崩れているのはわかっていますが、やはり意識していかないと、見直さないとですね。

    男性性と女性性のバランスが取りづらい世の中ではありますが、このまま麻痺し続けるのは悲しい。


    やはり、自分自身と向き合い、そして人と関わり人と向き合う事。

    逃げてばかりではいられませんね。

    そして、自分の中の男性性と女性性のバランスも取っていく。


    うーん。

    女性の役割・持って生まれた性質。。。
    女性は自分の体の中に生命を宿し誕生させる、男性には絶対にできない神秘の力を持っていますよね。
    儀式を行わずとも、生理で自分自身を浄化する事もできる。
    母親、そして妻として家庭を守り、家族の健康を維持し、太陽のようなエネルギーで、家庭を明るく照らす。
    ものすごくエネルギッシュで、とても力強い。

    男性のほうが、とても繊細なんです。
    女性特有の神秘の力を持たない代わりに、腕力を与えられた。
    そして、家族を守る為に狩りに出る。
    守り方も違うよね。
    内に秘めた力ではなく、外に向けて出す力というのでしょうか。
    それは相手を抑えつける為のものではないんだよ。

    女性も男性も、持っている力を使う方向性が、少しずつずれていっちゃったのかな、、、。

    女性も力強さの使い方を考えていかないとね。

    そしてね、自分の女性としての部分を否定してしまっている人も多いの。

    自分で自分が女性である事を、認めてあげてね。


    あれ、また長くなっちゃったかな汗


    とにかく、恋愛は生身の人間としようね。

    おばさんの願いなのだぴかぴか

    ☆浄化

    ☆日々、思うこと comments(0) trackbacks(0) ありりん
     
    今日は新月。

    なんだか物凄いエネルギーですね。
    私自身も、しっかりと浄化作用が働いてましたが、
    中国でも地震があったみたいですね。

    古いエネルギーを手放す浄化作用も、
    地球規模で、この何年か続いていますね。

    しかも、この今日の新月の日にそれが起こっている。

    偶然ではない。

    そう思います。


    今まで私たち人間が、地球に溜めこんでしまった膿が、
    地震などの災害によって、洗い流されていく。

    そして、その被害地域の復旧作業、
    被害者の方たちへの、私たちからの想い。

    災害という大惨事からしか、
    私たちは学べなくなってしまったのでしょうか。

    人間の本質というモノを。。。。。

    人と人、支えあって、助け合って生きていく。

    この便利な世の中では、
    支えあい、
    助け合い、
    が、減っているような気がします。



    「愛」 の反対は 「無関心」


    被害者の方たちへの関心、
    世界で起こっていること、
    そして、自分の家族、
    友達、
    職場の同僚、
    道ですれ違うだけの人にでさえ、
    関心を持つべきではないかと。。。。。


    地球の裏側の人たちにも、深い愛を。

    目の前にいる人たちにも。


    地球を、地球の兄弟たちを守る為に、何が出来るか。
    きちんと、考えていかなきゃですね。

    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM